便秘はよくホルモンバランスが原因で起こる閉塞の症状

便秘はよくホルモンバランスが原因で起こる閉塞の症状です。最近ではストレスからくる腸内環境の悪化に伴う便秘も増えているようです。

便秘はよくホルモンバランスが原因で起こる閉塞の症状

昔から女性の間で悩まされる代表的な病気としては便秘が挙げられます。

便秘はよくホルモンバランスが原因で起こる閉塞の症状ですが、最近ではホルモンバランスよりストレスからくる腸内環境の悪化に伴う便秘が多い傾向にあります。

仮に、もし便秘に襲われた場合、昔は下剤を投与して無理やりにでも便を出す行為がよく挙げられていました。

しかし、時代は変わり、便秘になってしまう原因がホルモンバランスの原因ではなく、ストレスからくる腸内環境の悪化が原因と考えられています。

というのも昔に比べて現代の社会でストレスに感じやすい人間の増加によることが挙げられます。
では、便秘に対しての対策法はないのでしょうか?

便秘の改善、解消法

便秘になる一番の原因はストレス等で作られる悪玉菌という存在が、大きく影響を受けることとなります。
その悪玉菌が腸内で悪さをして腸内環境を悪くしてしまいます。
ですので、この悪玉菌の解消で便秘が治ると考えられています。

悪玉菌に有効なのは食物繊維と乳酸菌が挙げられます。日ごろ仕事でストレスを感じている人ほど多忙で特に野菜を摂取することが少ない傾向にあります。

野菜ジュースなど比較的手軽に摂取する物でも摂ることで、腸内に善玉菌を増やす役割を担ってくれます。
また、特に注目してもらいたいのが乳酸菌、ヨーグルトに含まれている成分で乳酸菌を摂ることで腸内をコーティングして悪玉菌から免疫を付けることできます。

赤ちゃんにおすすめの解決法としてはカイテキオリゴ。オリゴ糖を飲むようにしましょう。

しかし、最近の研究の結果では、通常のヨーグルトを摂取しても腸内に行き届かず胃酸で消化されてしまう事が明かされることとなりました。

そのため新しいタイプの乳酸菌、LG21のようなプロバイオティクスを配合しているヨーグルトの摂取により、胃酸で消化されることもなく腸内に行き届き便秘の改善が図れるようになりました。

この、乳酸菌と食物繊維を日常生活の中で取り入れることで便秘から解放されて、快便を促せるようになります。

公開日:
最終更新日:2016/03/30